ポイントタウン認定の紹介サイトになりました

【カンタン解説】JALマイルをポイントサイト交換最大化でためるルートまとめ

この記事では、JALマイルの交換を最もお得にする方法を紹介します。最初に結論から言っておくと、JALマイルにはANAマイルのような裏ルートがありません。

ですから、交換レートが高い方法でポイントサイトから直接交換することになります。直交換でレートの高いポイントサイトを選ぶことが、JALマイルを効率化する唯一の方法なんです。

JALマイルへの交換レート一覧

サイト名ポイントの価値100マイル必要P交換レート交換手数料
モッピー1P=1円200P2.0無料
ポイントタウン20P=1円5000P2.5無料
すぐたま2mile=1円600mile3.0200mile
ポイントインカム10P=1円3000P3.0無料
お財布ドットコム1コイン=1円300コイン3.0無料
ちょびリッチ2P=1円400P4.0無料
ハピタス1P=1円
colleee10P=1円
ライフメディア2P=1円
げん玉10P=1円
ゲットマネー10P=1円
ポトラ10P=1円
300G

基本的に、JALマイルへの交換レートが最も高いのはモッピーです。その交換レートは2P=1マイル。他サイトの平均が3円相当P=1マイルなので、普通に交換するよりかなり優秀です。

他のポイントサイトとレートに違いがありすぎ。
JALマイルをためるなら、今のところモッピーの一択ですね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

JALマイルとANAマイルはどっちが貯めやすい?

結局、JALとANAのどちが貯めやすいんでしょうか?その答えは「間違いなくANA」と言わざるを得ません。

ポイントサイトでマイルを効率よく貯めるには、ANAマイルが主流。ですから、JAL派の人もANAマイルの貯め方を実践することをおすすめします。ANAマイルの貯め方については、こちらで解説していますので参考にして下さい。

JALマイルの良いところは、ポイントサイトからの直接交換で完結できるところです。ANAマイルを効率よくためるには、少しだけ面倒なルートを踏みます。ただし、慣れてしまえばカンタンです。

陸マイラーが貯めやすいマイレージを選ぶならANAが基本ですが、JALで貯めたいならモッピーがおすすめです。

JALマイルが貯まりやすいクレジットカード

JALマイルを貯めるなら、普段の買い物には「JALカード」というクレジットカードを併用するようにしましょう。JALマイルへの交換率が優遇されているモッピーを使えば、JALカード発行でポイント還元がもらえます。しかも、種類が13種類もあるので、自分に合ったJALカードを選ぶことができます。

JALカードの種類

  • JCB
  • マスターカード
  • VISA
  • Suica
  • navi

JALカード発行でもらえる還元ポイントは、2500P(2500円相当)です。

普通に利用する方は、これらの中からJALカードを選んでみて下さい。ちなみにモッピーでは、ワンランク上のJALカード「アメリカン・エキスプレス・プラチナ」もポイント還元の対象となっています。こちらの還元ポイントは26000Pと高額になっているので、VIPなクレジットカードを作りたい人にもおすすめです。

ポイントサイトでマイルを貯めるのは最高の節約術

私がポイントサイトでマイルを貯めるのは、妻の実家が遠いことが関係しています。今住んでいるところから距離は約1200㎞、日本の半分くらいの距離になります。

最短でも飛行機で2時間かかり、そのあと電車に2時間のらないといけません。このような状況だと、家族の身に何か起こった時が大変です。そして何より、飛行機で移動するにはお金がかかるので、交通費だけでも10万円は吹っ飛びます。毎回このお金がかかると、一般的なサラリーマンの自分にとっては、かなり経済的な負担が大きいです。

そんなとき、ポイントサイトでマイルが貯められることを知り、そこからマイルを貯めるようになったのですが、大正解でした。同じような状況の人は少ないかもしれませんが、旅行が好きな人だったり、帰省で毎年飛行機に乗る人ならマイルの方がお得なので、絶対にやっておくべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です